アナログディスクプレイヤーLFT1

TOP製品情報LFT1

揺らぎを極める。

4つのユニット

Turn Table Unit

ディスクを一定のスピードに保ち、雑音付加のない回転のベースとなるためのユニットです。

Arm Unit

レコード溝に刻まれた微細な音の信号を、針先で正確にトレースするためのユニットです。

Motor Drive Unit

ディスクを戴せるプラッターに、ゆらぎのない正確な回転を与え続けるためのユニットです。

Pump Unit

プラッターとアームを浮上させるために、高品質なエアーを供給するためのユニットです。

不要振動を寄せつけない超重厚設計
Turn Table Unit1

LFT1の防振の思想

LFT1の防振の思想

アナログディスクは、音の振動をそのままミクロン単位でレコード盤に記録したものです。したがって、音溝に記録されたもの以外の振動を付加することは厳禁です。不要な振動の伝達を抑えるには、遮蔽と減衰の2つの方法かあります。
高周波振動は防振材などで減衰させることができますが、低周波振動は防振材だけでは遮蔽も減衰もできません。そこで、両方の機能を併せ持った、いわば分厚いコンクリート壁のように重量を増すことで振動を抑えます。
LFT1は、低周波振動は重量で、高周波振動はエアークッションで抑えることに徹しています。

花崗岩を使った安定したベース

花崗岩を使った安定したベース

ターンテーブルのベースには、500万年もの時間をかけて安定化した40kgの花崗岩(御影石)を使用しています。
床面から伝わってくる不要振動は、この重量と花崗岩の振動減衰特性によって抑えられています。花崗岩はマザーマシン(工作機械)を作る時の基準となる石定盤に使われる物で、最高級のJIS 0級の平面度5ミクロンに加工されており、その上を数十ミクロンの距離を保ちながら浮上したプラッターが回転しています。

エアーフローティングされた超重量級プラッター

エアーフローティングされた超重量級プラッター

安定した回転を得るためには、大きな慣性モーメントをもったプラッターが必要ですが、機械的な軸受の場合は1点に大きな力がかかって摩耗が進み、不要な振動が発生して音の信号に紛れ込みます。
LFT1では、超弩弓のステンレス製、直径344mm・重量27kgの高い慣性モーメントを有するプラッターが回転しています。プラッターの重量はエアーの圧力で受け持たせ、横方向にかかる数百グラム程度の力だけをメタル軸受に受け持たせることで、不要振動を生じない構造と長期の信頼性を実現しました。
プラッターを1点で支持して叩くとチーンと音が鳴りますが、エアーで浮かせるとゴッゴッとした音になります。エアー膜でダンピングすることでベースとの一体化が可能となり、不要振動を寄せつけません。

レコード盤の密着と重量級スタビライザ

レコード盤の密着と重量級スタビライザ

プラッターとレコード盤が接する箇所はテーパー状に加工し、重量級のスタビライザで押さえることでレコード盤とプラッターの密着を図り、針先がトレースした時の不要な振動を抑えています。

揺らぎを極小に抑える正確無比な回転性能
Motor Drive Unit MDU1

LFT1のプラッタードライブの思想

レコード溝から正確に音を拾い出すためには、プラッターの回転を一定のスピードで、しかも「ゆらぎ」のない回転にしなければなりません。一般的には負帰還によるサーボコントロ—ルによって正確な回転を得ていますが、ミクロレベルでは回転か早くなればそれを検出して遅くし、遅くなれば早くする動作を繰り返しています。
このレベルと周期は制御系のゲインとループ速度で決まりますが、機械系であるプラッターの速度制御の周期はどうしてもオーディオ帯域に入ってきます。レベルの小さい周期を測ろうとすると、瞬時状態を測れないため平均値を測ることになります。したがってサーボコントロールで発生する細かな振動は測定器では測れず、人間の耳に頼ることになります。
LFT1はこの振動を嫌い利便性に欠けますが、サーボコントロールをかけないオープンループコントロールを選択するとともに、自ら発生させるノイズや外部からのノイズもシャットアウトしました。

シンクロナスモータ

ダイレクトドライブはもちろん、モータスピード制御においてもサーボコントロ—ルによって生じる振動から逃れることはできません。シンクロナスモータにはサーボコントロールアンプがないので不要振動は少ないですが、ロータの永久磁石が回転磁界との狂いを常時コントロールしていて、ロータの加工精度、着磁のばらつき、巻線のばらつきによって振動を起こしています。

無帰還モータ制御

無帰還モータ制御

LFT1では回転制御は行わず、定速度回転を27kgのプラッターの高慣性モーメントに任せ、制御によって起きる不要振動のない回転を創り出しています。モータからはプラス方向の力だけが加わりますが、慣性モーメントの少ないコアレスモータを使うことでその振動の影響を減らしています。負帰還をかけないモータ回転制御・XFD方式により、ゆらぎを極小にしたドライブを実現します。
※XFD方式:周波数精度の高いクリスタル発振器を基準に、ダイレクト・デジタル・ボルテージ・ジェネレータを形成し、ゆらぎのない高精度の電圧を供給します。軽負荷軸受を有する超重量プラッターを低慣性のコアレスDCモータで駆動する、CSポートが独自に開発した「揺らぎをなくする」システムです。

糸ドライブの採用

モータの力をプラッタ一に伝えるためには、ギヤドライブ、リムドライブ、ベルトドライブなどさまざまな方法がありますが、LFT1では鉄より強いケブラーの四つ編み糸による糸ドライブを採用しました。立ち上がりに時間がかかるという欠点はある一方、モータの振動を伝えにくく伸びが少ないので、しっかりとプラッターをドライブしてくれます。

ストロボによる回転速度設定・確認

ストロボによる回転速度設定・確認

クリスタル発信器を基準として33 1/3と45回転にセットされたストロボが、プラッタ一側面にレーザで高精度に刻まれたマークを浮き上がらせます。
+とーの速度設定ボタンで回転数を合わせ、ストロボマークによって回転精度が判断できます。

微細な針先を支えるアームの腕力
Arm Unit AFU1

LFTIの音のピックアップ思想

LPレコードには、120ミクロン幅の音溝が外周から内周まで600以上の間隔で刻まれており、針はサブミクロンの音楽信号をトレースしています。
アームに求められる特性は、カートリッジが信号をトレースする時は微動だにせず、隣の音溝への移動は軽く動き、周りからの不要振動を受けず、針が発生した振動は発電コイルだけに伝えることです。レコードの製作過程では、カッティングレースの動きは直線となるため、ヘッドにも直線移動が求められます。LFT1では、エアーフローティングによりリニアトラッキングを実現し、アームの重量で信号トレース時の微動を抑え、隣の溝への移動はゆっくりと軽く動くようにしました。針先で発生した振動は、アームを伝わりスライダー部の空気層にてダンピングされるため、反射して針先に戻ることはありません。

リニアトラッキング・アーム

リニアトラッキング・アーム

レコード溝は一定の間隔で刻まれておらず、信号の小さいところは間隔を小さく、大きいところは間隔を大きく取って、再生できる時間を稼いでいます。
針先の角度を検出してサ一ボコントロ一ルするリニアトラッキングアームが過去にはいくつも提案されましたが、前述のサーボコントロールのデメリットがあるため市場から消え去りました。
LFT1では、独自のエアーフローティング構造により0.5g以下の力でアームを移動でき、不規則なレコード溝を外周から内周まで安定してトレースします。また重量級のアームユニットは音楽信号によって振られることなく、針先の微細な動きを見逃さずにトレースします。

針先に発生する不要振動

針先がトレースした機械的振動は、発電コイルによって電気信号に変換されますが、この機械的振動はスタイラス、カートリッジ本体、シェル、アームを通って、機械的接点部分で反射して針先に戻り、再生信号に余計なものを付加させてしまいます。LFTlでは、スライダーのエアーフローティング部分で針先からの振動をダンピングするとともに、外部からの不要振動のダンピング効果も相まって、静寂な森の中のような演奏となります。

メディカル分野でも信頼されるエアーの脈流
Pump Unit POU1

Pump Unit

Pump Unit

LFT1には、プラッターとアームを浮上させるためのエアーポンプユニットが付属しています。エアーポンプは、モータドライブユニットから供給されるDC12Vで駆動され、医療機器等で使用されるモータ式ポンプの採用により、長期間の安定した動作をかなえました。
ポンプから出てくる圧縮空気は脈流となっているため、Π型フィルターで平滑し振動のない圧縮空気にして供給することができます。
さらに、2重密閉構造による音漏れ防止システムを採用し、リスニングルームに設置しても十分な静粛性を保ちます。

製品概要

アナログディスクプレイヤーLFT1

LFTl

本体価格:¥3,780,000(税抜)

プレーヤボード(オプション)

本体価格:¥78,000(税抜)

製品仕様

型式 LFT1

ターンテーブル・モータドライブ部

ベース JIS 0級御影石定盤ベース
プラッター エアーフロート27kg高慣性ステンレスプラッター
駆動方式 クォーツフォロー無帰還モータドライブ XFD方式
回転伝達方法 糸ドライブ(四つ網アラミド繊維)
駆動モータ DCコアレス低騒音モータ
回転数 33 1/3 and 45rpm スイッチ切替 回転微調整付
回転数精度 ±0.3%
ワウフラッター ワウ0.2%,フラッター0.04%以下
電源 AC100/120/200/240V 50,60Hz
消費電力 40W

アーム部

方式 エアーフロートリニアトラッキングアーム
アーム上下機構 レバーによる手動
アジマス/アーム長調整 固定ネジによる調整
適合カートリッジ重量 20g-40g (シェル含)
適合針圧 1.5-5g
針圧調整 スタテックバランス
出力端子 DIN 5P

エアーポンプ部

エアー量 プラッターとアームに供給可能
電源 DC12V モータドライブユニットから供給

重量/サイズ

ベース 40kg/358×358×120
プラッター 27kg/φ344×43

その他

付属品 AC電源ケーブル、DCケーブル、DIN5Pフォノケーブル、カートリッジシェル、アーム設定ゲージ、水準器、エアーチューブ、ドライブ糸2本(プレーヤボードはオプションです)
保証期間 5年間(消耗品を除く) 登録が必要です

LFT1

LFT1

プレーヤーボード(オプション)

重量級プレーヤーボード LPB1(オプション)

外観寸法図

外観寸法図

pagetop