除電・消磁器IME1

TOPオプションIME1

リスニングしながら除電する
レコード再生の革命

除電・消磁器 IME1

IME1設置例

6つの特長

リスニングしながら静電気を抑えます

レコード盤や針に埃が付きにくくなります

冬場の静電気放電による機器の損傷が無くなります

スクラッチノイズが減少します

再生音が静かになり、各音の細部まで聴こえてきます

レコード盤の磁気を消去します

除電部の機能

レコードと針の静電気問題

静電気とレコード盤

ジャケットから取り出したときのレコードの帯電電圧は500から数千ボルトになります。これを剥離帯電と言い、取り出す速さや圧力で電圧が変化します。レコードを移動すると周りの環境によって帯電電圧が変化します。レコードを持つ人の着衣によっても大きく変化します。接地を取ったプラッターに乗せても数百ボルトの電圧が残ります。レコードを洗浄すると数十ボルトに低下します。

レコード針による静電気の発生

演奏前にレコード盤を除電しても、レコード盤と針との摩擦で静電気が発生します。針やレコード盤の材質や環境によっても違いますが、千ボルトを越える電圧が出ることもしばしばあります。

静電気がレコード演奏におよぼす影響

クーロン力

静電気の+と-は引き合い、+と+には反発力が働きます。これは距離の二乗に反比例して大きさが決まりますので、針とレコード溝との狭い距離では大きな力となって働き、レコード溝どおりに針が動かないことになります。

マイクロギャップ放電

摩擦が続くと帯電電圧はどんどん上がっていきますが、+と-のギャップの耐電圧を越えると放電します。これを繰り返すと一定のレベルになり、この放電のノイズがカートリッジに入ってノイズになります。

回転電界

ランダムに帯電したレコード盤が回ると回転電界が発生。回転電界によりカートリッジに電流が流れノイズとして入ってきます。

回転電界によるノイズ混入
回転電界によるノイズ混入
静電気の電圧変化
IME1稼働による回転電界の減衰推移
(レコード盤回転状態)

IME1の除電の原理

IME1下部の吹き出し口から+と-のイオンが出ています。レコード盤が−に帯電しているときは−のイオンは反発され飛ばされます。一方+イオンはレコード盤上の−イオンと結合し帯電電圧が無くなります。レコード盤が+に帯電しているときはこの逆の動きになります。

イオンによる除電の原理
イオンによる除電の原理
IME1稼働による静電気の除電推移(レコード盤静止状態)
IME1稼働による静電気の除電推移
(レコード盤静止状態)

レコード盤と針との摩擦による静電気

以下は、演奏中のレコード盤の静電気帯電を示したグラフです。

演奏中、レコードと針との摩擦によって、時間が経過するごとに帯電電圧は増えていきますが、IME1を稼働すると、除電機能によって帯電を抑制することができます。

静電気の電圧変化
静電気の電圧変化
静電気の電圧変化
静電気の電圧変化

消磁部の機能

レコード盤の微少磁気

レコード盤は非磁性体ですが微量な磁気が残っています。ランダムな着磁が回転磁界を発生させカートリッジにノイズとして入ってきます

消磁器の動作

ボタンを押すと約12秒間、減衰磁界がIME1の下部から放射されレコード盤の磁気を消去します。

設置方法

除電時の設置距離
〔除電〕設置距離80-100mm

レコード盤から80-100mm程度の高さに吹出口が来るようにし、そして、レコード盤の上にイオンが流れるよう、本機を15°程度傾けます。SEボタンを押して、演奏を開始します。演奏中は、常時本機を稼働してください。

消磁時の設置距離
〔消磁〕設置距離5-10mm

レコード盤から5-10mm浮かした状態で、MEボタンを押します。動作中はブザーがなり、12秒間で消磁が終わります。終了後は自動で電源がOFFになります。

専用ホルダーHLD1

専用ホルダーHLD1

HLD1(別売)

設置方法
IME1の左側面にカメラ用ネジ穴(UNC1/4)があります。
各種カメラスタンドにも取付可能です。
専用ホルダーをご用意しています。

製品概要

除電・消磁器IME1

製品仕様

型式 IME1
方式 イオン吹付式除電器&減衰式消磁器
構成 本体およびACアダプタ
除電器 除電方法 : イオン吹出式
除電時間 : 30sec以下 / 電圧50V以下になるまで / レコード盤との距離100mm
消磁器 消磁方法 : 減衰磁界式
消磁時間 : 12sec / レコード盤との距離5mm
電源 DC12V0.5A : 100/240VACアダプタ付属 / 当社LFT1,TAT1からも供給可能
取付方法 UNF1/4ネジ穴による(カメラの取付ネジ)
サイズ 155W×62H×43D 突出部含まず
重量 320g

ホルダーHLD1仕様

型式 HLD1
固定対象 IME1専用
上下移動量 220mm
左右移動量 80mm
重量 1.4kg

ime1

IME1

ime1

設置例

ime1

外観寸法図

ime1

外観寸法図

pagetop