ステレオパワーアンプ GM70PA

HOME»製品情報 »ステレオパワーアンプ GM70PA

澄み切った音との出会い。

gm70pa_01-01.jpg

低能率スピーカーを難なくドライブ

余裕の出力

845(Pp=100W)より一回り大きく(Pp=125W)、インピーダンスが低い直熱3極管GM70を採用、30W+30W(4Ω負荷) 、20W+20W(8Ω負荷)の出力を実現、近年主流となっている低能率スピーカーを難なくドライブします。


gm70pa_01-02-up.jpg

Normal,DualMono,Bridge mode切替

「NormalMode」でステレオアンプとしてお使いいただけます。
もう1台増設し「DualMonoMode」で高域と低域をドライブ、バイアンプとしてもお使いいただけます。
また「BridgeMode」では、出力を1.5から2倍にすることが可能です。
※DualMono,BridgeModeはLch/XLR入力の時に有効です。


DualMonoMode

HIGH・LOWの端子を有するスピーカーで、左右それぞれ1台ずつ本機で駆動する方法

gm70pa_01-03-ja.png

BridgeMode

左右それぞれ1台ずつ本機を使用し、1台時と比べ約2倍の出力で駆動する方法

gm70pa_01-04-ja.png


キーテクノロジーは無帰還

1927年に負帰還回路が発明され、アンプの性能は格段に向上しました。ミクロで見ると負帰還回路(サーボコントロール)は+に行きすぎた信号を元に戻し、-に行きすぎた信号をまた元に戻す不要な振動をしており、オーディオ信号と混変調を起こし、原音とは違ったものになります。この振動を起こさないためには理想的なサーボコントロールを行うか、無帰還とし増幅素子やコンデンサなどのコンポーネントに直線性の良い物を使う必要があります。


212PA-01-06.jpg

2段構成による低歪率の実現

増幅素子を使う限り歪みから逃げることはできません。リニアリティの良い素子を使うか、素子を少なくするかが対策となります。GM70PAはドイツテレコムが開発した高信頼・高リニアリティの真空管C3gを3極管接続で使用。増幅管2球だけの構成で、無帰還ながら高調波歪みと混変調歪みを小さく抑えています。


卓越したノイズ処理技術

外部からの混入ノイズ、スイッチング電源・回路内で発生するノイズは音質に悪影響を及ぼします。CSポートの長年の経験に基づく卓越したノイズ処理技術がノイズを抑え込みクリアな音を実現しています。


高調波歪みより怖い混変調

高調波歪みとは信号が素子を通過すると整数倍の信号が出ることで、ある意味では人間には心地よく聴こえることもあります。歪みの中でも怖いのは混変調歪みで、元の信号にない非相関信号が生成され、不快な音になります。例えば1kHzの信号と1.1kHzの信号が整流器や増幅素子を通るとそれぞれの信号の和と差の信号が生成されます。100Hzと2.1kHzは元の信号には無かったものです。
オーディオ信号はたくさんの周波数成分の集まりですし、ノイズの周波数成分も混変調を起こしオーディオ信号に侵入してきます。オーディオ帯域外であるMHzで起きるこの現象からも、ノイズがオーディオ帯域に入ってくるのです。


ハイエンドに相応しい珠玉のマテリアル

gm70pa_02-02.jpg

余裕の大型出力トランス

GM70PA用に独自に開発した大型の出力トランスを採用。多層サンドイッチ巻により、微小信号から大信号まで広帯域にドライブ。低い巻線抵抗と本機のドライブ能力が相まって、無帰還アンプとしては大きなダンピングファクター5以上を実現し、スピーカーの低域をしっかりドライブします。

RCA不平衡入力と真の平衡入力

真のバランス伝送はトランスにしか出来ません。GM70PAはRCA不平衡入力とXLR平衡入力コネクタを採用。バランス巻線を有し、スーパーパーマロイコアを使用した独自設計の高性能トランスが低域から高域まで微小信号も忠実に伝送してくれます。
※RCA不平衡入力とXLR平衡入力はどちらか一方のみのご使用となります。(同時使用不可)


212PA-01-10.jpg

本格派のオイルコンデンサ使用

正式な呼称は、オイルペーパーコンデンサ。紙は誘電率が低く、誘電損失も低いため、絶縁材として最適です。その紙に絶縁油を含浸したものが、オイルコンデンサです。しかも導電体はアルミ箔で、一般の蒸着膜を使ったものとは大きな違いがあります。信頼性が高く、オーディオ用途に適していますが、形状が大きく高価なため昨今ではあまり使われません。音の世界では、クリアで豊かな中域の音を生成する「珠玉のマテリアル」とされています。


スイッチング電源+アナログ電源

オーディオグレードのローノイズスイッチング電源の開発があってこそ成し得たハイグレード電源を採用。後段に高速応答のアナログ電源を挿入、1000Vの高圧電源も安定化して供給する丁寧な作りです。


製品概要

ステレオパワーアンプ GM70PA

型式 GM70PA
方式 入力トランス内蔵クラスA動作 / 真空管式ステレオパワーアンプ
構成 入力トランス-C3g3結-FETドライバ-GM70-出力トランス
出力
  • Normal,DualMonoMode ......30W+30W
    (負荷インピーダンス4Ω THD:5%)
  • Normal,DualMonoMode ......20W+20W
    (負荷インピーダンス8Ω THD:5%)
  • BridgeMode......60W
    (負荷インピーダンス8Ω THD:5%)
  • BridgeMode......40W
    (負荷インピーダンス4Ω THD:5%)
周波数特性 20-30kHz -2dB/10W
全高調波歪みTHD
  • Normal,DualMonoMode......0.7% / 10W 0.2% / 1W 1kHz
  • BridgeMode......0.5% / 10W 0.1% / 1W
NFB 無し
SN比 90dB/1W(20-20kHz)
クロストーク 40dB/1W(20-20kHz)
入力感度
  • Normal,DualMonoMode......1V / 30W 4Ω 1V / 20W 8Ω
  • BridgeMode ......1V / 60W 8Ω 1V / 40W 4Ω
GAIN 21dB
入力端子 RCA / XLR 各1
入力インピーダンス 2.5kΩ 1kHz
Mode切替 背面ロータリースイッチによる ※DualMono,BridgeModeはLchのXLRに入力
音量調整 無し
ダンピングファクターDF
  • Normal,DualMonoMode......2.8(4Ω) 5.6(8Ω)
電源 AC100 / 120 / 200 / 240V 50,60Hz
消費電力 400W
サイズ 470W 430D 201H ツマミ、端子含まず
重量 27kg
仕上げ シルバーアルマイト及び焼付塗装
保証期間 5年間(消耗品を除く)登録が必要です

ご注意

  • 真空管は高温になりやけどをしますので触らないでください。
  • 本機の入力インピーダンスは2.5kΩですので、500Ω以下の出力インピーダンスの機器でドライブしてください。
  • 予告なく仕様・設計・デザイン・価格等の変更を行う場合があります。

gm70pa_02-01.jpg gm70pa_02-04.png

pagetop